こじらせ花子のブログ

こじらせた花子の奮闘日記です。

【本】「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」やりたいことは一つに絞りなさい。

おはようございます。花子です。

 

9月入って読んだ本4冊目。

 

 

 エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

 

いろいろなブログでこの本のレビューを見て、気になったので読んでみました。

 

内容の要約(花子流)

 

 

とりあえず、やる事を1つにしぼってそれを全力でやれ!!!


この本の構成自体が少しだけごちゃごちゃしてて、「あれ?この本にエッセンシャル思考使われてる?」と思ったりもしましたが、間違いなくいい本です。

 

自分の本当の大切な事を考えさせてくれます。

 

3つ心にとめておきたいことがありましたので紹介します。

 

1、何をするのかを決める。

 

メアリー・オリバーの有名な詩の一節を引用しよう。
「教えてください。あなたは何をするのですか/その激しくかけがえのない一度きりの人生で」

いったん読むのをやめて、この問いをじっくり考えてみて欲しい。
そして、今ここで、エッセンシャル思考の行き方を選ぶと決意して欲しい。
ためらう理由があるだろうか。あるとき目を覚まして、「ああ、自分に正直に生きるより、どうでもいい仕事を押し付けられる生活のほうがよかったなあ」と後悔する可能性があるだろうか?
たくさんのどうでもいいことより、数少ない本質的な事を全力で追求しようではないか。

 

私にはいろいろやりたいことがあります。

 

友達と遊びたいし、仕事のための勉強もしたい、旅行にも行きたい、楽しく恋愛もしたい。

f:id:kojirasehanako:20160917131342j:plain

 

けれど、今絶対にやらなくてはいけないことは?集中しなければいけないことは?

 

私の場合、間違いなく「婚活」です。

 

「ブログ」も大切ですが、間違いなく「婚活」です。

 

婚活を続ける事でブログのネタになるので、「ブログ」と「婚活」は支え合ってる感じですね。

 

「婚活」は相手さえ見つかれば終わるので、頑張ればすぐに終わりますが、だらだらしていたら終わりません。

 

これに集中するには、ほかのものを手放さなければならない。

 

トレードオフです。

 

全部を手に入れることはできないのです。

 

・仕事で活躍するために資格を取ること。

・家事に力を入れること。

・友達と女子会したり、旅行行ったりすること。

 

これらももちろん大切ですが、今は「婚活」を一番に考え、集中して行うべきです。

 

と自分に言い聞かせないと、すぐに楽な方に流れてしまいます。

 

2、日記をつけること。

 

私は日記が大の苦手でした。基本的に続けることが苦手なのです。

 

飽きっぽい。

 

しかし、今はこのブログが日記代わりになっています。

 

ブログを付けることで、そのときそのとき自分が考えてた事が記録に残ります。


読み返すことで、私は自分の成長、そして「婚活頑張ってるじゃん!」「本がんばって読んでるじゃん!」と思う事が出来ています。

 

ブログだと、メッセージとか反応がいただけるのがありがたいですね。

 

3、きちんと睡眠をとること。

 

これが一番、対策しなくてはならないことです。

 

夜早く寝る事が出来ないのに、朝ブログを書くために早く起きなければならない。

 

朝は強いのですが、昼が眠くて仕方がない。

 

これがしんどくてブログをお休みしようかと思うこともありました。

 

非エッセンシャル思考の人は、睡眠を一種の義務のように考えている。ただでさえ忙しいなかで、さらに時間を食いつぶす足手まといだと思っている。
一方でエッセンシャル思考の人は、睡眠を武器だと考え、自分の力を引き出すために活用している。計画的に十分な睡眠をとることで、仕事の質を最大限に高めているのだ。

 

確かに‥睡眠は義務だと感じていたかも。

 

寝なければ、もっと色々できるのになぁー。といつも感じていました。

 

7,8時間も睡眠をとれる人なんて、少ないのではないでしょうか?

 

しかし、よく考えてみると世界にそれだけ睡眠が足りていない人が多いのなら、ちゃんと睡眠をとっていて元気満帆な人の方が逆に有利なのではないか??

 

最近そんなに寝た事がないから、どうゆう状態か分かりません。

 

もう、わからないという時点で「自分」というエッセンシャルを大切にできていないなぁと反省します。

 

私のまとめ

 

1、婚活を一番に考え、行動すること。

2、日記(ブログ)を続けること。

3、睡眠を改善し、自分というエッセンシャルを大切にすること。

 

とりあえず、この本を読み返してお昼寝しようと思います。