読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ花子のブログ

こじらせた花子の奮闘日記です。

β-エンドルフィンは脳内麻薬?!それって何?どうやって出すの??

備忘録

こんばんは。花子です。

 

ジャンキーなものや甘いものを「体に悪いのになぁー」と思いながら、食べてしまうことはありませんか?

 

そして食べてる瞬間に「あー幸せ!!」って思っていませんか?

 

私は後で後悔するとわかっていながら、この幸せを何回も味わってしまいます。

 

くそー。どうにかやめたいなぁと思いましたが、難しいのです。

 

なぜか?

 

このように身体に悪そうなものを食べている時には、βーエンドルフィンという脳内麻薬が分泌されているからです。

 

 

βーエンドルフィンとは

 

エンドルフィン(endorphin)は、脳内で機能する神経伝達物質のひとつである。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系」に多く分布する。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。

 

エンドルフィン - Wikipedia

 

なるほど、厄介な神経伝達物質だな‥と思っていましたが、調べたところうまく活用すればいい習慣を作れそうだぞ‥と感じました。

 

マラソンの「ランナーズハイ」はエンドルフィンのおかげ?

 

ランニングをしていると、途中からふっと楽になり、むしろ走っているのが気持ちいい!!ってなることがあります。

 

この「ランナーズハイ」現象は、実はβーエンドルフィンが分泌されているからおこる現象です。

 

βーエンドルフィンには「鎮痛作用」もあります。そして、このβーエンドルフィンはランニングの訓練をすればするほど、分泌が多くなるようです。

 

成長を感じた時に、分泌される

 

努力して、努力して、やっと目標を達成できると「やったー!!やるじゃん私!」と気分が高揚することがあります。

 

この時にβーエンドルフィン出まくりです。

 

この快楽をもう一度感じたいと思うので、また努力をしてしまうのです。

 

この目標は小さくても達成できた時にはβーエンドルフィンは出るようなので、これは日常に活用できそうですね。

 

私の場合は毎日ブログをかいて「やったー!今日の分も無事終われた!!」と思う時に、βーエンドルフィンが分泌されています。(多分)

 

だから、ブログを毎日書くことができるのです。

 

楽しい妄想をすると分泌される。

 

一番罪悪感がなく、努力がいらない分泌方法です。

 

いまから、自分が一番「楽しいー!!幸せー!!」と感じる事を想像しましょう。

 

何かを達成できた時。

恋人と楽しく過ごす時。

 

 

‥きゃー幸せ!!

 

皆さんは何を想像しましたか?

 

 

ちなみに私は「なか卯のカツ丼を食べている時」を想像してしまいました。

 

f:id:kojirasehanako:20161102063825j:plain

 

色気より食い気。

 

 

この物質は「麻薬」と言われるくらい、悪い習慣で分泌されるようになると厄介です。

 

しかし、ランニングなどの運動、目標達成、幸せな妄想で意識的に分泌させることができたら、より人生楽しくなりそうです!!

 

 

しかし、カツ丼が食べたい‥今日食べに行こっかな。

 

これは悪い分泌の方ですね。